創立117周年記念三代顕彰授与式が行われました

令和2年7月30日、静岡大成中学校・高等学校の応接室において、創立117周年記念三代顕彰授与式が行われました。

この顕彰は、世代を超え本校をこよなく愛し、三代又は四代にわたり勉学に勤しまれた家族に対し、今後の繁栄を記念するとともに、感謝の念を伝えるために顕彰するものです。

今年度は、新型コロナウイルス感染症対策により創立記念式典が開催できなかったため、少し遅れての授与式になりました。

今年度の対象者は一組で、現在、高校3年生の太田良君と、母、祖母のご家族に、顕彰状と記念品(芹沢銈介作品「御滝図のれん額入り」)が贈られました。

お母さまは、「こういった形で表彰していただけるのは私学ならではですね。」と感想を述べられていました。