【高校・美術部】 全国展 入賞報告

全国大会「第21回 高校生国際美術展 美術の部」の搬入審査が6月より約1か月間行われ、全国展という大きな大会でしたが、本校美術部より見事1名が入賞することができ、今年で6年入賞となりました。

 今年は、書道を含め全国から6,743点出品され、そこから美術の1次と2次審査を経て高校2年生の大川晴(長田西中学校出身)が上位137点に入り、見事入賞することができました。ちなみに美術と書道を合わせて6,000点以上が選外という非常に厳しい結果となりました。

 毎日遅くまで一生懸命制作し、素晴らしい結果を残すことができました。今後も良い報告ができるよう部員一丸となって頑張って活動していきます。

大会名:「第21回 高校生国際美術展 美術の部」

会 期: 2020年8月5日(水) ~ 8月16日(日)

受賞者: 大川 晴  高校2年 (長田西中学校出身)

作品名:「佇む」

会 場: 国立新美術館 (港区六本木)

その他)この美術展は「次世代の芸術を担う人材や、国際貢献できる人材を育成すること」等を目的とし、例年国内の入賞者と世界中から招待された高校生がリッツ・カールトン東京で授賞式をし、その後立食パーティーが開かれ、その中で生徒同士が国際交流を図り、さらにその後国立新美術館へ移動し鑑賞を行っています。