【高校・放送部】大会報告

今月行われました2つのコンテストの結果について報告いたします。

11月16日に大阪で行われました「地方の時代」映像祭で、『2019年春、辺野古は今』が、高校生部門で最高賞の優秀賞を受賞しました。また、この番組は、22日に同じく大阪で行われました同映像祭のミニシンポジウムで、グランプリ作品、審査員特別賞作品と並んで上映され、会場の皆様より高い評価をいただきました。

また、11月24日に行われました第40 回静岡県高等学校放送新人コンクールでは、ビデオメッセージ部門とオーディオピクチャー部門の両部門で優勝することができました。
ビデオメッセージ部門の番組は、昨年末から地元紙に掲載され続けているサクラエビ漁の不良と富士川水系の濁りの関係に係わる記事に対する検証報道番組です。
また、オーディオピクチャー部門については、サクラエビのひげを画材に使って絵を描く方を紹介した番組です。
ビデオメッセージ部門では13年連続、オーディオピクチャー部門では8年連続の優勝となりました。両番組は、来年の全国高等学校総合文化祭に県代表として参加する予定です。