お問合せ
TOP > 静岡大成高等学校 > 学校概要 > 沿革
学校概要ヘッダーイメージ
学校概要
沿革
施設案内
校歌・学園歌
学校沿革
 
 
1903 (明治 36)
私立静岡高等女学校の廃止に伴い、これを継承し、私立静岡精華女学校を創立する。
1919 (大正 8)
実科を増設し、静岡精華高等女学校に改称する。
1920 (大正 9)
校章を制定する。
1923 (大正 12)
実科を廃止し、補習科を設置する。
1927 (昭和 2)
校誌「精華」第1号を発刊する。校服を制定する。
1944 (昭和 19)
学校組織の変更により、財団法人静岡精華学園となる。
1945 (昭和 20)
静岡市空襲により、校舎などを焼失する。県立盲学校の一部を、後に元住友金属株式会社工員寮を仮校舎として授業を再開する。
1947 (昭和 22)
学制改革に伴い、静岡精華中学校併設の認可を受ける。
1948 (昭和 23)
学制改革に伴い、静岡精華高等学校設置の認可を受け、静岡精華高等女学校を廃止する。戦災復興新校舎が完成し、復興記念式典を行う。
1950 (昭和 25)
私立学校法交付に伴い、学校法事組織に変更し、学校法人静岡精華学園と改称する。
1952 (昭和 27)
創立50周年記念式典を行い、記念事業として校歌を制定する。
1954 (昭和 29)
創立52周年講堂兼体育館ならびに幼稚園落成式典を行う。

1957 (昭和 32)

鉄筋コンクリート建校舎(第1期)工事建築に着手する。
1958 (昭和 33)
鉄筋コンクリート建校舎(第2期)工事建築に着手する。
1962 (昭和 37)
新築幼稚園舎が落成し、記念式典を行う。鉄筋コンクリート建校舎(第3期)工事建築に着手する。
1963 (昭和 38)
運動場(バレーボール3面・バスケットボール1面)が完成する。鉄筋コンクリート建校舎(第4期)工事建築に着手する。
1964 (昭和 39)
前庭が整備される。運動場(テニス3面)が完成する。創立62年周年本館落成記念式典を行う。
1968 (昭和 43)
鉄筋コンクリート建校舎(第5期)工事建築に着手する。
1971 (昭和 46)
鉄筋コンクリート建校舎(第6期)工事建築に着手する。
1973 (昭和 48)
創立70周年記念式典を行う。
1977 (昭和 52)
幼稚園舎全面改築、落成する。
1983 (昭和 58)
創立80周年記念体育館が落成する。創立80周年記念式典を行い、記念歌を制定する。
1984 (昭和 59)
研修センターが落成する。
1986 (昭和 61)
杉原正六理事長が学園長に就任する。
1990 (平成 2)
研修センターを撤去し、幼稚園を新築移転する。
1991 (平成 3)
静岡精華短期大学が設置認可される。
1993 (平成 5)
創立90周年記念式典を行う。
2002 (平成 14)
学科改変し、静岡福祉情報短期大学に改称する。
2003 (平成 15)
創立100周年記念式典を行う。新校舎改築工事に着手する。静岡福祉大学が設置認可される。
2004 (平成 16)
静岡大成中学校・高等学校と校名変更すると共に、男女共学とする。
新校舎が完成し、グランド整備工事に着手する。
2005 (平成 17)
グランド整備完了に伴い、新校舎落成記念式典を行う。
2012 (平成 24)
校舎増築に伴い竣工式を行う。
copyright(c) 2005 Shizuoka Seika Gakuen.All Rights Reserved